山口県立下関工業高等学校同窓会
会長挨拶 学校写真 本部紹介 支部紹介 事務局より リンク
 
会長挨拶
 
新高校の名称は下関工科高等学校に決まる
山口県教委が7月13日、本年度実施する県立高校入試の実施大綱などを発表した。
下関工と下関中央工の再編統合により、来年度開校する新高校の名称は「下関工科高等学校」と正式発表された。
入学定員は全日制が、機械工学科80名、電気工学科70名、建設工学科40名、応用化学工学科35名の4学科計225人、1学年6クラスで、工業高校としては県内最大の規模となる。定時制は機械科40名の入学定員。
全日制の応用化学工学科を除く各学科にはコース制が設けられ、機械工学科は機械コースと造船コースが、電気工学科は電気コースと電子コース、建設工学科は建築コースと土木コースとなっている。